堺意外史

Vol.23 幻の東西間鉄道
         明治以来、幾度となく挫折

 南海本線の堺駅や浜寺方面に行くために、泉北や高野線沿いの人たちは、一度、大阪・難波の手前の新今宮か天下茶屋に出て、電車を乗り換えて、舞い戻るようにしている。堺市内には東西間の鉄道がないため、随分と不便をかこっている。ところが、市内の東西間訳4.2km。歩いても1時間ばかりの間に、じつに5本ないし6本もの鉄道がほぼ南北軸に平行して走っている。西から南海・阪堺・高野・阪和・地下鉄・泉北線である。すべて大阪の中心へ向かう鉄道である。

 どうして、こんな鉄道網になっているのか。縦だけで横がなければ網といえない。ターミナル駅もない。明治以降、近代都市になってから、ずうと続いている堺の都市発展の弱点である。ありていにいえば、主に大阪市内への通勤・通学・買い物・遊びに出る通過鉄道である。

 鉄道ができるまで、主要な街道は大阪と結び付きはあるといえ、紀州・熊野・竹ノ内・西高野の各街道は、奈良・河内・泉州・紀州を直接結び、堺は経済・交通上の結節点となっていた。先に紹介したように、堺県が早く大阪府に編入され、行政上も大阪市が中心になっていったこと、戦前までに、大浜・浜寺の海浜部がアーバンリゾートや別荘地帯として発展し、遊楽客を目当てに乗客争いを演じた歴史がある。戦後はニュータウン開発などによって大阪市のベットタウン化が進み、やはり南北ルートの鉄道が新設されていった。逆に、戦災と臨海工業地帯の造成によって、リゾートの復興ができなかったため、もっとも海岸よりを走っていた阪堺電鉄(大阪・芦原橋ー浜寺間、現・阪堺線とは別)後の大阪市電三宝線や阪堺線の大浜支線は廃線になっていった。

 東西間鉄道がないことが、都市発展のウイークポイントだとして、早くも明治中頃から昭和30年まで、たびたび新線計画が発表されたが、いずれも実現しなかった幻の鉄道となっている。

 まず、明治29年に市内の実業家たちによる堺から古市(現・羽曳野市)を経て大和高田に至る竹ノ内街道沿いの鉄道計画が本格化したところ、現JR関西線となっている大阪鉄道の猛反対に遭い挫折。同35年には、今度は長尾街道沿いに、花田口から道明寺(藤井寺市)を結ぶ摂河泉馬車鉄道が実現直前までこぎつけていたが資金難で消滅。ほかに南北軸になるが、小栗(熊野)街道沿いの湊から鳳に至る和泉自動鉄道や大小路ー鳳間の電機鉄道などの計画が相次いだが、実現しなかった。

 戦後、市当局や市民の多くが期待を寄せた東西間鉄道として、昭和35・36年に近鉄が三宝ー堺ー金岡ー河内松原の新路線、南海は大浜ー三国ヶ丘ー南花田ー瓜破ー八尾に至る新線計画を発表し、免許申請を競った。いずれも造成が進行中の堺・泉北臨海工業地帯への通勤客を運ぶことが狙いであった。しかし、両社の競合申請で調整のつかないまま、年月が経ち、路線付近の地価高騰・市街化が急速に進み、昭和48年にとうとう両社とも申請を取り下げてしまった。

 今なお一本もの東西間鉄道がないのは、単に不便さだけではなく、最初の南北間鉄道が開通した直後の明治29年(1896年)に早、東西間鉄道計画を推し進めた趣意書に「堺市は、南海鉄道の敷設により(大阪市内への通過交通となり、経済上の)繁栄を奪われたので、市勢挽回のため、この鉄道を実現させねばならない」と強調したように、すでに100年以上前にウイークポイントを指摘していた。




吾妻橋停車場(後の堺停車場)。当時の建築の枠を集めた洋風の駅舎も名物でした。屋根には東に向かって大きな時計台。駅舎は堺北荘と南荘の分岐点となる大小路筋の真西にあり、大小路の柳と好対照でした。

 

<< 前のコラムを読む [ 一覧へ戻る ] 次のコラムを読む >>

[ ページトップへ戻る ]

※ 各コンテンツのURLは整理のために変更になることがあります。
  ブックマークはトップページにお願い致します。
※ サイト内コンテンツの無断転載はご遠慮下さい。

ホウユウ株式会社
〒590-0982 大阪府堺市堺区海山町1-8-4
TEL 072-227-8231 / FAX 072-224-1466